カテゴリー別アーカイブ: 未分類

銀行系キャッシングのデメリットとは

銀行系のキャッシングを利用するについて、消費者金融とは違って多くのメリットがあります。融資可能額が大きい、低金利という点です。消費者金融は総量規制があるため融資総額は制限されますし、無担保無保証であるためにどうしても金利が高く設定されています。その点銀行系では総量規制が無いので、利用のし甲斐があります。しかし、銀行系のキャッシングにはデメリットが無いのかというと、そうではありません。まず、多額の借り入れが可能と入っても審査が必要で、その審査は非常に厳しくなっています。というのも、銀行の場合は無保証ではなく、保証会社を立てて貸出を行います。万が一返済が滞った場合には保証会社に返済をしてもらうためです。ですから、申し込みの段階で返済が厳しそうな人に対しては辛めの判断が出ます。返済が厳しそうな人とは、収入が低い、既に他社でキャッシングを利用しているような人です。例えば、銀行でキャッシングを断られたのに消費者金融では審査に通ったということはありますが、逆に消費者金融で審査に断られたのに銀行で審査に通るということはありません。消費者金融では総量規制により年収の3分の1までしか利用できないので、限度一杯まで利用した場合は、銀行系は総量規制対象外なので申し込みが可能であるというのはよく言われることですが、実際問題としては審査には通りません。また、その実情を知らずに申し込みを行えば、審査に断られたという事実だけ残りますので、後日消費者金融などに申し込んでも、その事実によりかえってマイナスになります。以上のようなデメリットを踏まえておかなければ上手くキャッシングを利用することができません。