キャッシングの支払いが遅れた場合

キャッシングのサービスではお金を借り入れる際に担保や保証人を必要としない代わりとして、利用者が必ず借り入れたお金を返済するということを前提として融資を行っています。しかしながら、キャッシングの利用者が何らかの事情によって約束されている期日までに支払いが出来なくなってしまった場合、通常の利息の他に遅延損害金というものを請求されることになります。
遅延損害金はキャッシングの利息に掛かる利息のようなもので、支払いが遅れたことに対する罰金としての意味合いを持っています。キャッシングでは一般的に貸出金利は高く設定されていますが、遅延損害金の金利は通常の借り入れ金利よりもさらに高く設定されています。そのため、ひとたび支払いが遅れてしまうようなことになると、予想外の請求が届くことになります。
遅延損害金は支払いの予定日を過ぎた日から日割りで計算されていくことになるので、支払いが遅れれば遅れるほどその額は膨らんでいきます。そうなってしまうと家計に大きな負担が掛かることになりますし、また、返済の予定が大きく崩れることにもなります。そうならないためにもキャッシングを利用してお金を借り入れた際には、約束された期日までに所定の支払いをしていくことが肝心です。また、お金に余裕があるときなどには予定よりも多くの支払いを済ませるようにしていくのも、キャッシングを利用する上で忘れないようにしておきたいことのひとつです。